信号点番号 ,I0 : ,Q0 :

送信信号番号 ,雑音の標準偏差

送信シンボル数

シンボル誤り率

理論計算:

=

使用方法:

信号点の設定は,信号点番号とその点の同相振幅,直交振幅を入力して「設定」ボタンを押す操作を繰り返す.

雑音の標準偏差を指定して「計算」ボタンを押すとシンボル誤り率を計算する.

送信番号が「0」のとき,全てのシンボルを等確率で送信,番号を指定するとそのシンボルのみを送信する.

_

シンボル誤り率の理論計算式:

2-ASK(あるいはBPSK)のシンボル誤り率: A = 50; s = 20; 0.5*erfc(2*A/sqrt(8)/s)

4-ASKのシンボル誤り率: A = 50; s = 20; (3/4)*erfc(2*A/sqrt(8)/s)

QPSK(あるいは4-QAM)のシンボル誤り率: A = 50; s = 20; erfc(2*A/sqrt(8)/s)-Math.pow(erfc(2*A/sqrt(8)/s), 2.0)/4

16-QAMのシンボル誤り率: A = 50; s = 20; (3/2)*erfc(2*A/sqrt(8)/s)-(9/16)*Math.pow(erfc(2*A/sqrt(8)/s), 2.0)