研究テーマ

*2017(平成29)年度 研究テーマ

溝口研究室
(修)磯崎翼

既存鉄筋コンクリート構造物の耐震補強における目荒らし面の力学的挙動に関する研究

(修)山形航汰

引張軸力を受ける鉄筋コンクリート部材の主筋のダウエル耐力に関する研究

(卒)石黒学・中嶌達徳 引張軸力を受けるRC部材のだぼ耐力に及ぼす主筋径の影響
(卒)金江武澄

低強度部位がPCa連層長方形耐震壁の構造性能に及ぼす影響

(卒)舘敦也 超高性能繊維補強コンクリートPCa部材で補強されたPC梁の解析的検討
(卒)千釜あやな PCa連層長方形耐震壁に含まれる低強度スラブの拘束作用に関する検討
(卒)盛合梨花 書籍什器を対象とした鋼製部材の構造性能に関する基礎実験

(卒)吉川颯 鉄筋コンクリート梁の強度に及ぼす温度の影響
髙瀬研究室
(卒)大金優太 異なる接着剤を用いたディスク型シヤキーの3次元有限要素解析
(卒)片桐優紀 既存コンクリート目荒らし面の形状特性に基づく耐力式の構築
(卒)菊地成美 接着系あと施工アンカーにおける繰り返し載荷が力学挙動に及ぼす影響
(卒)窪田凌平

任意の変位経路によるコンクリートせん断面の力学挙動を解明するための自動制御加力システムの開発

(卒)高橋昌道 コンクリートの損傷評価に資する画像解析を用いた計測手法の開発と検証

(卒)田村知之 コンクリート目荒らし面の形状測定精度が力学挙動の評価に及ぼす影響
(卒)松林美樹 有限要素解析を用いた鉄筋コンクリート造二次壁のひび割れ幅算定手法の提案と検証
(卒)LEUNG TSHUN CHUEN 断面修復された既存コンクリート接合面の修復効果に関する検証