The Center for Creative CollaborationMURORAN INSTITUTE OF TECHNOLOGY

アーバンインフォマティクスラボ

MEMBER
アーバンインフォマティクスラボは、都市・地域計画プラットフォームの構築と、その利活用方法に関する研究を行う。各種社会基盤、都市施設、公共交通、ハザードマップ、市民意識等、都市に関わる各種情報やビッグデータを統合的に分析、利活用できるプラットフォームを地域自治体と共に構築し、人口減少期における都市のスマートグロースの実現に寄与する。
空間情報技術を開発する産業界、多種多様なデータを保有する官公庁、その両者と連携し地域協動や社会連携の取組みの研究ノウハウを持つ大学の三者間での連携・ネットワーク作りを行い、コンソーシアム(共同事業体)の設立を目指す。これにより、低廉な費用で、都市圏を構成する自治体が保有する都市施設、都市空間データの一括管理、蓄積、分析、またより高度な実務的活用が進むことが期待できる。

研究事例1.街区単位での将来人口分布の予測(※清水建設技術研究所共同研究)

各種統計調査や,計画策定段階で生成されるデータを,清水建設技術研究所との共同研究で構築している「パブリック・アセット・シミュレータ(PAS)」に搭載する.最新のマスターデータを全てPASに搭載し,複数の自治体で共有化,共同利用ができる社会基盤・都市施設管理のための都市空間データプラットフォームを構築する.

研究事例2.IoT/AI型道路計測システムによる迅速・網羅的なDB構築

室蘭市との共同研究において,IoT/AI型道路計測システムの精度検証および市道全リンクの舗装劣化データベース構築を行っている.生活道路を含む市道全体の劣化状況を定量的に把握した事例は極めて稀である.上記の「室蘭都市圏総合交通体系調査」による交通量データとPAS上で統合化することで多様な分析が可能となる.舗装劣化予測と今後の都市・交通施策を反映させた維持管理LCCの推計や,市民の要望や予算制約を考慮した最適維持修繕計画の策定などを行う.本道路計測システムは,撮影動画を活用できるため,舗装以外にも多様な点検,記録に応用でき,道路管理者や調査コンサルタント企業のニーズに合わせたカスタマイズや実験・研究が可能である.

研究事例3.滞在人口・流動人口を用いた防災計画立案支援

避難所、避難施設となる都市施設データと都市内部の滞在人口・流動人口を用いて、避難需要と避難所容量のギャップを推定し、避難計画へ応用する。
災害リスクの可視化:北海道胆振東部地震発災前後の札幌市内の滞在人口の可視化事例