令和4年度当初の授業実施形態について

2022年3月

 

授業担当教員 各位

 

 本学の令和4年度(2022年度)における授業実施につきましては、新型コロナウイルス感染症対策に十分な配慮をしたうえで、大学に通学して受講する「面接授業」の実施を原則としておりますが、令和4年度授業開始当初の2週間(4月8日(金)から4月21日(木)の間)については、学生が道内又は国内各地から本学に集まり、一堂に会する状況をなるべく軽減するため、「原則として遠隔授業、ただし一部授業については面接形式で実施」とすることとします
 このため、教員の皆様におかれましては、授業実施方法等の詳細について、科目ごとに設定されているMoodleページにて学生への事前周知をお願い申し上げます。
 また、当該期間を過ぎた4月22日(金)以後は、時間割発表どおりの実施形態にて実施することとします。

 

 若年層にも感染しやすいとされる「変異株」による感染者数が全国的に急激に増加しているなど、感染状況は日々変化しています。しかし、繰り返し申し上げますが、感染防止には、基本的な感染防止策を徹底するしかありません。このため、本学の構成員一人ひとりが、本学ホームページ掲載の「感染予防行動指針」の実践を心がけていただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

授業実施におけるガイドライン等について
 遠隔授業の方法および面接授業における感染症対策については、「新型コロナウイルス感染症拡大防止に関するガイドライン等のまとめ(学内教職員限定)」にまとめられていますので、再確認いただきますようよろしくお願いいたします。
 ・遠隔授業の方法について
 ・面接授業における感染症対策のガイドライン(令和2年9月10日一部改)