GW期間中の過ごし方等について【注意喚起】

令和3年4月15日    

在学生の皆さんへ

副学長 松田瑞史    

 

 新型コロナウィルス感染症については,現在,東京,大阪,宮城をはじめとする数県に「まん延防止等重点措置」が発令されているとおり,再拡大の様相を見せています。

 本学では,4月22日から面接形式の授業を開始する予定ですが,その後に始まるゴールデンウィーク期間(4月29日~5月9日まで)の感染リスクを最小限に抑えるため,学生の皆さんは,北海道庁から要請のあった下記行動様式を遵守するとともに,これまで同様,本学の「感染予防行動指針」に基づいた行動をしてください。

 

 

・体調が悪いときには、外出を控える。

・重症化リスクの高い方と接する際はリスク回避行動を徹底する。

・「まん延防止等重点措置」を実施すべき区域を含む都府県(※)との不要不急の往来を控える。

 ※ 宮城県、大阪府、兵庫県、東京都、京都府、沖縄県(令和3年4月12日現在)

・外出自粛など都府県において行動制限が要請されている地域との不要不急の往来を控える。

・業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践などを宣言している店舗を利用する。

・「黙食」を実践する。

 

 また,今後の感染拡大状況によっては再び「遠隔での授業実施」とする場合も考えられます。その際は,「CampusSquare」での掲示にてお知らせいたしますので,掲示に注意してください。