国内及び海外への移動・旅行について(国内移動・旅行に関する変更、海外渡航、帰国・入国には変更なし)

1.国内の移動・旅行(私事も含む)について(変更部分)

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、特別措置法に基づく「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」、もしくは北海道知事による緊急事態措置が発せられた場合は、原則として、以下のとおり取り扱うこととします。

また、以下に該当しない場合であっても、旅行先の地域の感染症流行状況について、十分に情報収集を行っていただき、他の手段(オンライン打合せ等)の積極的な活用を検討してください。

なお、旅行してから2週間は,発熱や咳等の症状がない場合でも健康観察(体調と体温の記録)を行ってください。

①北海道が特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域となった場合、

 室蘭市、登別市及び伊達市が特別措置法に基づくまん延防止等重点措置の対象地域となった場合

 及び北海道知事による緊急事態措置が発せられた場合

 ⇒不要不急の移動・旅行は自粛してください。

②北海道を除く都府県が特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域となった場合及び

 室蘭市、登別市及び伊達市以外の地域が特別措置法に基づくまん延防止等重点措置の対象地域と

 なった場合

 ⇒対象地域への不要不急の移動・旅行は自粛してください。

2.今後の海外渡航について

(1)外務省の感染症危険情報レベル3地域への渡航について

外務省の感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」のため,原則として渡航を禁止します。 また,私事渡航についても止めてください。  

(2)外務省の感染症危険情報レベル2地域への渡航について

外務省の感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航自粛を求める」であり,今後日本への帰国・再入国が困難になる可能性があること,さらには今後学内で感染が広まった際の全学的な対応の必要性を考慮し,不要不急の渡航は止めてください。 また,私事渡航についても止めてください。  

(3)海外へ渡航する場合について

海外へ渡航(私事渡航を含む。)する場合は,学内担当窓口に「①出国日,②帰国日,③渡航予定都市名,④連絡先等」を届け出るとともに,外務省渡航登録サービス(たびレジ)に登録してください。 また,帰国時には,すみやかに学内担当窓口に連絡してください。(健康状況等から,出席停止などの措置を個別に判断する場合があります。) なお,外務省及び厚生労働省等のホームページ等から最新の情報を入手し,現地での行動に細心の注意を払うとともに,渡航中は大学,家族等との連絡を密に取ってください。  

注)外務省安全ホームページにおいて,「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限及び入国後の行動制限」が掲載されていますので,最新の情報を確認するとともに,渡航する国・地域の設定や渡航時期など,渡航計画について慎重に検討してください。

3.外務省の感染症危険情報レベル2以上の地域から帰国・入国する場合について

(1)帰国・入国時に発熱や咳等の症状がある場合若しくは滞在中に新型コロナウイルス感染症患者と濃厚な接触があった場合は,必ず空港の検疫官に申告し,その指示に従ってください。 また,その内容を学内担当窓口に連絡し,その指示に従ってください。  

(2)帰国・入国した場合は,すみやかに学内担当窓口に連絡し,その指示に従ってください。  

(3)帰国・入国してから2週間は,発熱や咳等の症状がない場合でも,健康観察(体調と体温の記録)を行うとともに,不要不急の外出は控え,自宅での滞在(自宅学習等)を要請します。  

(4)発熱や咳等の症状が出た場合には,医療機関に直接行かず,室蘭保健所等の電話相談窓口へ連絡のうえ,その指示に従って医療機関に受診してください。 また,その受診結果を学内担当窓口に連絡し,その指示に従ってください。  

※新型コロナウイルス感染症患者と濃厚な接触をした学内関係者も,上記と同様の対応をしてください。  

注)水際対策の抜本的強化(検疫の強化:厚生労働省)として当面の間,健康状態に異状のない方も含め,検疫所長が指定する場所(自宅等)で14日間待機し,国内において公共交通機関(電車,バス,タクシーなど)を使用しないことが要請されています。

※感染症危険情報レベルは,「外務省海外安全ホームページ(クリック)」により最新情報をご確認ください。