感染防止対策の再徹底について

 在学生の皆さんへ

 

 本学内での活動を起因とする感染の拡大は抑えられている状況ですが、胆振地域も含む道内各地においては感染者や感染による死者の増加が止まってはおらず、この先も引き続き気の抜けない状況が続いています。

 

 このため学生の皆さんには、下記の感染症拡大防止策の徹底を重ねて要請いたします。自分と周りの人の身を守るのは、皆さん自身の行動にかかっています。

 

 

・本学「感染予防行動指針」を確実に実践する。

 

・感染防止対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮に応じていない飲食店等を利用しない。

 

・「黙食」の実践を徹底する。

 

・札幌市やその周辺地域等、特定措置区域とされる場所との不要不急の往来は行わない。

 

・カラオケや路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動をしない。

 

・体調が悪いときには外出せず、病院等で診断を受ける。なお「濃厚接触者」や「陽性者」の判定を受けた際は、

 大学に速やかに連絡する。

 

・手指消毒、マスク着用、換気、密を避ける等を徹底する。