感染予防行動指針について

 在学生及び教職員 各位

保健管理センター長  

 

 新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るっています。私たちの大切な命を守りつつ、教育研究機関としての本学の使命を果たすため、今すべての本学関係者に、感染拡大を食い止めるための行動をとることが求められています。以下に示す10の行動指針を実践し、一人一人が自覚をもって感染予防に努めましょう。

 

(1) 少しでも体調の異変を感じたら、体温にかかわらず、体調が回復するまでは外出を最小限に控え、自宅療養に専念することを検討しましょう。

⇒ 体温はあてになりません。たとえ平熱であっても「今日は少し体調が悪い」と感じたら、人の集まる場所へ行くのは控えましょう。

 

(2) 外出するときは、マスクの着用を含む咳エチケットを徹底しましょう。

⇒ 自作マスクの簡単な作り方と咳エチケットについては、保健管理センターのHPをご参照ください。

 

(3) 周囲の人との間に、両手を伸ばしても届かない距離(2メートル程度)をとりましょう。

⇒ 歩いているときはもちろん、室内で着席しているときも同様です。

 

(4) 室内に入る前や共有物に触れた後など、可能な限り頻繁に手を洗いましょう。

⇒ 効果的な手洗い方法については、保健管理センターのHPをご参照ください。

 

(5) 自宅外では自分の顔に触るのをやめましょう。

⇒ 手についたウイルスが口や鼻などに運ばれることで感染します。

 

(6) 人の間近で大きな声を出すのはやめましょう。

⇒ 人と話をするときは、出来るだけ小さな声で、口を相手に向けずに!

 

(7) 多人数で集まって会食するのはやめましょう。

⇒ 人と食事をするときは、少人数で、互いに距離をとって!

 

(8) 室内の換気に協力しましょう。

 

(9) 身の回りの消毒に協力しましょう。

 

(10) 家に帰ったら、しっかり手洗い、しっかり食事、しっかり睡眠、を心がけて下さい。

 

以上