感染防止策の再徹底について

令和4年4月13日

 

学 生 各 位

 

副学長(学生生活担当)桃野 直樹

 

 令和4年4月7日付けの学長名での通知において既に通知しているところではありますが、新年度に入り、室蘭市においても陽性判定を受けた者、また濃厚接触者として保健所から特定された者の数が増加しており、本学も例外ではありません。大人数での会食やカラオケ等、飛沫拡散となる行為が、陽性判定数の増大の一因となっています。

 

 このまま感染者・濃厚接触者が増加すると、クラブ・サークル活動を含む様々な課外活動、学内の教育・研究活動の全面停止は避けられません。学内の諸活動を停滞させないためにも、学生の皆さんは、あらためてご自身の感染症拡大防止策を徹底するとともに、下記の遵守事項の徹底をしてください。

 

 なお、現在、各自治体等でワクチン追加接種(3回目)が順次行われています。本学でも6月に職域接種(大学接種)の実施を予定しています。重症化予防・感染防止力向上等の効果もあることから、ぜひ積極的な接種の検討をお願いします。

 

【遵守事項】

1.【3密・感染対策の徹底】 ※3密:換気の悪い密閉空間、多数の密集、発声を伴う密接場面
「3密」を避けて下さい。また、多くのクラブ・サークルにはこれまでも協力してもらっていますが、あらためて感染対策の再徹底をお願いします。対策をとらずに活動を行ったことが発覚した場合は、活動停止等の処分が下されます。

2.【会食禁止・黙食の徹底】
マスクを外して会話・食事を行う「会食」は感染リスクを高めるため、慎んで下さい。新歓の時期ですが、クラブ・サークルでの会食も同様に慎んでください。

3.【速やかな報告】
発熱等がある場合は、発熱外来か下記の健康相談センターに相談してください。また学生向けの電話相談窓口として、本学・保健管理センター(下記)もあります。検査の結果感染者又は濃厚接触者になった場合、もしくは保健所からPCR検査の指示を受けた場合は、速やかに大学に報告してください(学生支援係または国際交流室)。

 

【北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター】
0120-501-507(フリーダイヤル、24時間対応)

 

【学内対応窓口】
相談:保健管理センター(0143-46-5855)
学生:学務課学生支援係(0143-46-5124)
留学生:入試戦略課国際交流室(0143-46-5888)