若い世代に対する新型コロナウイルス感染症の拡大防止策への協力依頼について

2020年8月28日

学生の皆さんへ

副学長 永野 宏治

 

 全国的に大学生活の中での集団感染例がでてきており,学校生活,課外活動及び学外での活動の中での発症例が多く発表されています。

 また,北海道内では学校における集団感染例はでておりませんが,飲食店や自宅での飲み会,仲間とのレジャー活動へ参加する中で,感染が疑われる事例が増えております。

 この度,下記の事項につきまして,北海道から学生の皆さんに注意喚起の依頼がありました。本学は夏季休業期間中にあり,上記のような感染状況であることを踏まえ,改めまして感染防止対策を徹底するとともに,下記の事項を注意して生活していただきますよう,ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

・学内外の活動におけるマスクの着用、手洗い、3密を回避する行動を徹底すること。

 

・密になりやすい食堂や休憩スペース、学外で行われる飲み会などの場では、特に、大声を出さない、対面を避けるなど、飛沫による感染を避けること。

 

・発熱、咳などの呼吸器症状、体がだるい、のどの痛み、味覚障害があるなどの症状があるときは、外出しないこと。

 

・「北海道コロナ通知システム」や、厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」を活用すること。

 Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

 App Store https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

 

・飲食店等を利用する場合には、「新北海道スタイル安心宣言」等の表示に留意するなど、感染防止対策に取り組んでいるお店や場所を選ぶようにすること。

 

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(道のホームページ)

  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/singatakoronahaien.htm