年末年始の忘年会・新年会・成人式等及び帰省に際して

学生の皆さんへ

                                           副学長 永野 宏治

 

 この度,内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室から国民に向け,注意喚起がありました。

 学生の皆さんには,本学独自の感染拡大防止策に協力いただくとともに,全国各地で感染が拡大傾向であることを踏まえ,年末年始期間における帰省等の際には,改めて下記の「感染リスクが高まる5つの場面」に注意するようよろしくお願いします。

 場面1 飲食を伴う懇親会等

 場面2 大人数や長時間におよぶ飲食

 場面3 マスクなしでの会話

 場面4 狭い空間での共同生活

 場面5 居場所の切り替わり

 

 皆さんには,10月29日には学長から10月30日には私から注意喚起を行っているところです。その後,11月30日12月11日には感染拡大による北海道からの協力要請もお伝えしました。

 大学の場合,発症者1人に留まらず,保健所による「濃厚接触者」,「濃厚接触者の疑い」,「濃厚接触者への接触者」の特定が必要となり,周りへの影響がたいへん大きなものとなります。

 ついては,内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室からの「忘年会・新年会・成人式等及び帰省についての提言(令和2年12月11日)」へのご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

本学の感染予防行動指針

北海道庁 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報ページ