保有装置1:試料合成、調整装置

 高圧合成装置

用途:GPaオーダー(1GPa=1万気圧)の高圧、高温で試料を熱処理し、新物質探索などを行う。

仕様:
・最大印加圧力、温度:6GPa,1100℃
・最大試料サイズ:Φ3.6×2.5mm

HighPressure apparatus

 アーク溶解炉

用途:金属原料を溶解・鋳造し、合金試料を作成する。

仕様:
・作製試料量:(鉄換算)12g ×4個
 (現有の銅ハースの交換により50g×1にも対応)

アーク溶解炉

 遊星型ボールミル装置

用途:粉末試料などを混合、粉砕する。

型式:
・Fritsch P-7

仕様:
・2個掛
・保有ポット(45cc):WC, クロム鋼、ZrO2
(オーバーポットによって、雰囲気制御可能)

ball milling

 グローブボックス

用途:不活性ガス雰囲気内で試料の酸化を防ぎながら、試料の調整が可能である。

仕様:(1号機/2号機)
・露点:70ppm以下 / 80ppm以下
・酸素濃度:5ppm以下/1ppm以下

GloveBox

 雰囲気熱処理炉

用途:合金等試料の熱処理をする。

仕様:(1号機/2号機)
・雰囲気:Ar雰囲気または大気(2機共通)
・均熱域(±5℃):12Φ× 20L
 (許容温度幅の拡大で大25Φ×50L程度まで可)
・最高温度:1500℃/1200℃

furnace