セラミックス材料学(2020年度後期:材料工学コース:3年生)

配布している講義資料は、講義受講者の為に配布されたものです。パスワードやダウンロードしたファイルの二次配布は固くお断りいたします。

お知らせ

2020年度の講義実施方法について(2020/9/27)

  • すべて遠隔授業を行う予定です。
  • ただし、定期試験については、大学講義室に招集し、対面式で行う予定です。
  • 講義のIDなどはMoodleに掲載予定です。
  • これに伴い、講義資料ほか資料の配付はMoodleで行いますので、履修学生はMoodleにアクセスしてください。
  • 第1回の講義スライドは、ここからもダウロードできます。→講義スライド①


講義予定(2020年度)

講義の進捗や学生の理解度などによって、予定が変わることもあります。

また、試験の実施方法などの詳細は講義中にアナウンスします。

【1週目 】シラバスの説明、セラミックス概論
【2~5週目 】無機材料化学と結晶構造
  1.無機化学の基礎
  2.配位数と結晶構造
  3.格子欠陥
  4.ガラスの結晶化と構造
【6~8週目 】セラミックス材料の作製プロセス
  1.粉体の成形と焼結
  2.焼結機構
  3.その他プロセス
【9〜13週目】セラミックス材料の機能
  1.絶縁性と誘電性
  2.圧電性・焦電性・強誘電性
  3.結晶構造と誘電性
  4.光学特性
  5.電子伝導性とイオン伝導性
【14〜15週目】その他セラミックス材料の機能と応用
  1.セラミックスの機械的特性
  2.そのほか応用例
【16週目】最終試験

過去の講義資料(2019年度)

2019年度講義の資料です。

 回         内 容 PPT資料
第1回 ガイダンスとセラミックス概論
第2回 無機材料化学と結晶構造1:基礎無機化学
第3回 無機材料化学と結晶構造2:配位数と結晶構造
第4回 材料の作製プロセス1:粉体の成形と焼結
第5回 材料の作製プロセス2:薄膜作製プロセス
第6回 ガラスの構造と結晶化
第7回 セラミックス材料の機能1:絶縁性と誘電性
第8回 セラミックス材料の機能2:圧電性・焦電性・強誘電性
第9回 セラミックス材料の機能3:結晶構造と誘電性
第10回 セラミックス材料の機能4:光学特性
第11回 セラミックス材料の機能5:電子伝導性とイオン伝導性
第12回 その他セラミックス材料の機能と応用
第13回 その他セラミックス材料の機能と応用
第14回 セラミックス材料の機械的特性
第15回 まとめとセラミックス産業

やむを得ず試験を欠席した場合:追試験について

 やむを得ず試験当日の講義を欠席し、中間試験または最終試験を受験できず追試験をの受験を希望する場合は速やかに亀川まで連絡ください。原則として、試験後1週間以内(次の水曜日)までを申込み期限とします。

致し方ないと認めた場合には、追試験を実施することがあります。

問合せについて

 X棟2階のX204室に直接訪ねて来て頂いても構いませんが、不在にしがちのためe-mailでの問合せに対応しています。原則として大学配布のメールアドレスから問合わせて下さい。
  メール:kamegawa<*>mmm.muroran-it.ac.jp
    送信アドレスは<*>を@に換えて下さい。
 メールには、件名に科目名(材料科学B)と主な用件、本文には各自の名前と学籍番号を明記して、用件の詳細について記載してください。

レポートの作成・提出方法について

作成方法
 レポートに表紙は不要です。1ページ目の最上段に指名、学籍番号を明記してください。複数ページに及ぶ場合は、各ページに氏名を記載し、レポート右肩を留めて提出してください。
 詳しくは、[課題レポートの提出方法について]を参照して、レポートを作成してください。

提出方法
 本講義のレポートや宿題は、原則として講義時間中に提出を受け付けますが、一部の課題については講義時間外に事務室への提出を指定する場合があります。
   提出先:環境調和材料工学研究センター事務室(X棟1階 X109室)
      (注意)X棟は平日(月〜金曜)の8:30〜18:00のみ開館しています。

 ※講義時間中に提出を指定したレポートは講義中でのみ受け取ります。