ホーム

高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム 2013 (JCHSIP2013)

シンポジウム開催のご案内

 高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム (JCHSIP: Japan Congress on High-Speed Imaging and Photonics)は、 高速度イメージングとフォトニクスの基礎及び応用に関して、 総合的かつ学際的な発表・討論の場を提供するものとして、 様々な分野の科学者、技術者を集めて開催されてきました。 高速度イメージングとフォトニクスを共通のテーマに、 分野を越えた活発な議論を通して、研究者、技術者間の情報の共有と相互の連携を促し、 我が国の当該分野の発展に資することが本シンポジウムの使命です。 1993年に九州大学の高橋清教授の主導のもと第一回シンポジウムが開催されて以来、 2年に一度、国際会議(ICHSIP: International Congress on High-Speed Imaging and Photonics) を間にはさみながら10回のシンポジウムが開催されてきましたが、 今回は、初めて北海道で JCHSIP2013 として開催されるものです。

 本シンポジウムではこれまで、主に

  • 高速度イメージング機器(高速度フレームカメラ、ストリークカメラ、CCD、等)
  • 高速度イメージング光源(ストロボ、レーザー、X線、ガンマ線、等)
  • 高速度イメージング手法(可視化、サンプリング、画像処理、等)
  • 高速度現象(衝突、破壊、爆発、衝撃波、衝撃超高圧、レーザーアブレーション、パルスパワー、地球・惑星科学、等々)
などの研究テーマについて議論されてまいりましたが、講演内容はこれらに制限されるものではなく、類似あるいは全く新しい分野での高速現象、更には最新機器の情報提供や展示等についても歓迎致します。

高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム 2013
組織委員会・実行委員会委員長
齋藤 務(室蘭工業大学)

新着情報

  • 2013.11.08 シンポジウムは無事に終了いたしました。ありがとうございました。
  • 2013.10.03 プログラム(確定版)を公開いたしました.
  • 2013.09.05 参加登録のページを公開いたしました.
  • 2013.09.02 プログラム(暫定版)を公開しました。
  • 2013.08.07 ポスト・カンファレンスセミナーの参加申込受付を開始しました
  • 2013.08.01 講演論文の登録を開始しました
  • 2013.07.25 参加登録のページを更新しました
  • 2013.07.24 講演申込み期間を8月2日(金)まで延長しました。
  • 2013.06.28 宿泊についての情報を「参加登録」ページに記載しました.
  • 2013.05.13 講演登録受付を開始しました.