テーマ名・概要・学習目標

テーマ名

地域に根ざしたものづくり企業および若手技術者の育成

ページトップへ

概要

若手技術者として、ものづくりに必要な技術および知識を専門的な教育を通じて習得し、また工学的知識のみならず技術的素養・問題解決能力を身につけることを目的とし、胆振支庁、後志支庁をはじめとした室蘭を中心とした北海道道央圏での広域的な地域企業を担う次世代の技術者を育成する。

特に、素形材産業を担うにあたり明確なビジョンを持たせ、「企業にとって何が必要な技術・技能なのか」という点を常に意識させることを目的とする。

ページトップへ

学習目標

ものづくりの技術の継承・発展のために、専門的高度技術者を養成すると同時に、日本におけるものづくりの栄光を復権させ、技術革新や産業の活性化に寄与し、科学技術創造立国を担う若手技術者の育成を目指す。特に本事業は、中小企業などに属した若手技術者対象であるため、従来の学生向けの人材育成内容からより実践的な講義内容とし設計・製造・加工・検査・品質管理までのプロセスを網羅し、若手技術者が幅広い知識を習得することを目的とする。

機械工学の基礎科目や、材料学、加工学などの技術に係る基礎知識を中心に習得させる。そして、多様な要素技術の集積である素形材技術の知識および能力の涵養を図る上で必要な製造現場体験を重要視し、演習や実際の工場見学などを行い、製造工程管理の経験や顧客のニーズを的確に捉えるための能力等を養うことを目標とする。

ページトップへ