平成29年度

<< 原著論文 >>

3.    Vapochromic Fluorescence Observed for Emitting Amorphous Molecular Materials: Synthesis and Emitting Properties of 3-{4-[Bis(4-methylphenyl)amino]phenylcarbonyl}-6-{4-[bis(4-methylphenyl)amino]phenyl}-3,5-dimethyl-3,4-dihydro-2H-pyran

       K. Ogura and H. Nakano, J. Photopolym. Sci. Tech., 30 (4), 431-435 (2017).

2.    (共同研究) 7,7,8,8-Tetracyanoquinodimethane (TCNQ) emits visible photoluminescence in solution

       H. Tamaya, H. Nakano, and T. Iimori, J. Lumin., 192, 203-207 (2017).

1.    ジアリールアミノベンズアルデヒド系アモルファス分子材料のベイポクロミック発光特性

       小椋硬介、中野英之、高分子論文集, 72 (3), 199-202 (2017).

<< 学会発表 >> (予定も含む)

18.  (Keynote Lecture) Creation of Mechanochromic Luminescent Materials

       H. Nakano, K. Mizuguchi, S. Takeuchi, K. Okoshi, S. Manabe, E. Nagata, T. Ara, S. Yoneta, R. Kaneko, Y. Sagara, and N. TamaokiThe 13th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (October 15-20, 2017, 中国・南京).

17.  アゾベンゼン系アモルファス分子材料-有機酸複合膜が示す可逆的色彩変化

       ○北村侑也、市川涼児、中野英之66回高分子討論会 (September 20-22, 2017).

16.  発光性アモルファス分子材料を用いるアップコンバージョン発光

       ○宍戸一樹、中野英之66回高分子討論会 (September 20-22, 2017).

15.  フォトクロミックアモルファス分子材料を含む複合系のフォトメカニカル挙動

       ○中野英之、市川涼児、岩下知央、市川亮太、北野文萌66回高分子討論会 (September 20-22, 2017).

14.  (共同研究) 無極性溶媒中におけるTCNQの蛍光増強

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、第11回分子科学討論会 (September 15-17, 2017).

13.  (共同研究) 自由表面が制限されたアゾベンゼン誘導体膜の異性化反応

       ○石井貴大、中野英之、辻岡強2017年光化学討論会 (September 4-6, 2017).

12.  (共同研究) 溶媒の極性に依存したTCNQの蛍光変調

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、2017年光化学討論会 (September 4-6, 2017).

11.  ポリ酢酸ビニル膜中に分散させた一置換ピレンの発光挙動

       ○高橋宏輝、中野英之2017年光化学討論会 (September 4-6, 2017).

10.  ソフトな界面上に作製したアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料薄膜のフォトメカニカル挙動

       ○北野文萌、市川亮太、中野英之2017年光化学討論会 (September 4-6, 2017).

9.    新規ジスチリルベンゼン系メカノフルオロクロミック材料の合成と発光挙動

       ○金子凌平、荒拓哉、米田祥二、相良剛光、玉置信之、中野英之2017年光化学討論会 (September 4-6, 2017).

8.    ピレン骨格を含むアモルファス分子材料の創製と結晶多形に基づく発光色変化

       ○米田祥二、永田英介、荒 拓哉、中野英之2017年光化学討論会 (September 4-6, 2017).

7.    寒天ゲル中に固定したアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料微粒子の光誘起形状変形

       ○中野英之、市川亮太2017年光化学討論会 (September 4-6, 2017).

6.    (共同研究) TCNQの溶液および高分子中における発光特性

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、日本化学会北海道支部2017年夏季研究発表会 (July 22, 2017).

5.    新規ジスチリルベンゼン系メカノフルオロクロミック材料の合成と発光挙動

       ○金子凌平、荒拓哉、米田祥二、相良剛光、玉置信之、中野英之、29回万有札幌シンポジウム (July 1, 2017).

4.    Vapochromic Fluorescence Observed for Emitting Amorphous Molecular Materials

       K. Ogura and H. NakanoThe 34th International Conference of Photopolymer Science and Technology (June 27-29, 2017, 千葉).

3.    ピレン骨格を含む新規アモルファス分子材料の固相における発光挙動

       ○米田祥二、永田英介、荒拓哉、中野英之、第66回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2017).

2.    (共同研究) トリフェニルアミン残基を側鎖に有するπスタック型ポリビニルケトンの合成と性質

       ○王ヤン、王恒、中野英之、中野環、第66回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2017).

1.    寒天ゲル中に固定したアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料の光変形

       市川亮太、○中野英之、第66回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2017).

 

平成28年度

<< 原著論文 >>

6.    Mechanochromic luminescence of 1-alkanoylaminopyrenes adsorbed onto cellulose papers

       E. Nagata, T. Ara, and H. Nakano, Dyes Pigm., 141, 48-52 (2017).

5.    (共同研究) p-Stacked Poly(vinyl ketone)s with Accumulated Push-pull Triphenylamine Moieties in the Side Chain

       H. Wang, Y. Wang, X. Ye, H. Hayama, H. Sugino, H. Nakano, and T. Nakano, Polym. Chem., 8 (4), 708-714 (2017).

4.    Modulation of Emission Intensities of Binary Films Composed of Fluorescent Amorphous Molecular Materials and p-Toluenesulfonic Acid in Response to Exhaled Breath

       H. Nakano, T. Nishimura, E. Nagata, and R. Ichikawa, ChemistrySelect, 1 (8), 1737-1740 (2016).

3.    Aggregation Induced Emission of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]acetophenone

       K. Shishido and H. Nakano, J. Photopolym. Sci. Tech., 29 (3), 369-372 (2016).

2.    (共同研究) Stark Spectroscopy of Rubrene. I. Electroabsorption Spectroscopy and Molecular Parameters

       T. Iimori, R. Ito, N. Ohta, and H. Nakano, J. Phys. Chem. A, 120 (25), 4307-4313 (2016).

1.    Photoinduced change in the shape of azobenzene-based molecular glass particles fixed in agar gel

       R. Ichikawa and H. Nakano, RSC Adv., 6 (43), 36761-36765 (2016).

<< 学会発表 >>

52.  アゾベンゼン系アモルファス分子材料を含む複合微粒子の寒天ゲル中における光変形

       市川亮太、○中野英之、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

51.  アモルファス分子材料を用いるアップコンバージョン発光

       ○宍戸一樹、中野英之、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

50.  ピレン骨格を含むアモルファス分子材料の発光特性

       ○米田祥二、永田英介、荒拓哉、中野英之、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

49.  1,4-Bis(2-cyano-2-{4-[5-(4-methylphenyloxy)pentyloxy]phenyl}ethenyl)-2,5-dimethoxybenzeneの合成と発光挙動

       ○金子凌平、荒拓哉、米田祥二、相良剛光、玉置信之、中野英之、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

48.  4,4'-Bis[bis(4-methylphenyl)amino]azobenzene-有機酸複合膜が示す可逆的色彩変化

       ○北村侑也、市川涼児、中野英之、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

47.  寒天ゲル表面上に製膜したアゾベンゼン系アモルファス分子材料のフォトメカニカル挙動

       ○北野文萌、市川亮太、中野英之、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

46.  ポリ酢酸ビニル中に分散させた1-アセチルアミノピレンの発光挙動

       ○高橋宏輝、小椋硬介、宍戸一樹、中野英之、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

45.  (共同研究) 溶媒に依存したテトラシアノキノジメタンの発光特性

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、日本化学会第97春季年会 (March 16-19, 2017).

44.  アゾベンゼン系分子ガラスが示すフォトメカニカル効果:寒天ゲル中における微粒子の光変形

       中野英之、新学術領域研究「高次複合光応答分子システムの開拓と学理の構築」第5回公開シンポジウム(および第5回若手セミナー) (January 20-21, 2017).

43.  1-カルバモイルピレン類のメカノフルオロクロミズム

       ○荒拓哉、永田英介、中野英之、高分子学会第51回北海道支部研究発表会 (January 19, 2017).

42.  ジアリールアミノベンズアルデヒド類のベイポフルオロクロミック特性

       ○小椋硬介、中野英之、高分子学会第51回北海道支部研究発表会 (January 19, 2017).

41.  ピレン骨格を含むアモルファス分子材料の発光特性

       ○米田祥二、永田英介、荒拓哉、中野英之、高分子学会第51回北海道支部研究発表会 (January 19, 2017).

40.  一置換ピレン誘導体が示すメカノフルオロクロミック特性

       ○荒拓哉、永田英介、中野英之化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

39.  アゾベンゼン系アモルファス分子材料を含む複合微粒子のハイドロゲル中における光変形

       ○市川亮太、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

38.  トリフェニルアミン骨格を有するアモルファス分子材料のベイポクロミック発光

       ○小椋硬介、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

37.  アモルファス分子材料を用いるアップコンバージョン発光

       ○宍戸一樹、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

36.  ピレン骨格を含むアモルファス分子材料の発光色変化

       ○米田祥二、永田英介、荒拓哉、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

35.  1,4-Bis(2-cyano-2-{4-[5-(4-methylphenyloxy)pentyloxy]phenyl}ethenyl)-2,5-dimethoxybenzeneの合成と発光挙動

       ○金子凌平、荒拓哉、米田祥二、相良剛光、玉置信之、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

34.  4,4'-Bis[bis(4-methylphenyl)amino]azobenzene-有機酸複合膜が示す可逆的色彩変化

       ○北村侑也、市川涼児、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

33.  寒天ゲル表面上に製膜したアゾベンゼン系アモルファス分子材料のフォトメカニカル挙動

       ○北野文萌、市川亮太、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

32.  ポリ酢酸ビニル中に分散させた1-アセチルアミノピレンの発光挙動

       ○高橋宏輝、小椋硬介、宍戸一樹、中野英之、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

31.  (共同研究) 溶液中におけるTCNQの特異的発光特性

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (January 17-18, 2017).

30.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料と光不活性材料から成る混合粒子の寒天ゲル中における光変形(優秀ポスター賞受賞)

       ○市川亮太、中野英之、35回固体・表面光化学討論会 (November 21-22, 2016).

29.  アモルファス分子材料を用いるアップコンバージョン発光の試み

       ○宍戸一樹、中野英之35回固体・表面光化学討論会 (November 21-22, 2016).

28.  ピレン骨格を含むアモルファス分子材料の創製と発光色変化

       ○米田祥二、永田英介、荒拓哉、中野英之35回固体・表面光化学討論会 (November 21-22, 2016).

27.  1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロクロミズム

       ○荒拓哉、永田英介、中野英之35回固体・表面光化学討論会 (November 21-22, 2016).

26.  (共同研究) 固体膜および溶液におけるTCNQの発光特性

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、35回固体・表面光化学討論会 (November 21-22, 2016).

25.  ピレン骨格を含む新規発光性アモルファス分子材料の創製とメカノフルオロクロミック特性

       ○米田祥二、永田英介、荒 拓哉、中野英之、6CSJ化学フェスタ2016 (November 14-16, 2016).

24.  ジアリールアミノベンズアルデヒド類の凝集誘起発光

       ○宍戸一樹、栗田基樹、水口敬、中野英之6CSJ化学フェスタ2016 (November 14-16, 2016).

23.  Mechanofluorochromism of Monosubstituted Pyrenes

       T. Ara, E. Nagata, S. Takeuchi and H. NakanoThe 12th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (October 14-19, 2016, 中国・長沙).

22.  Photoinduced Shape Change of Azobenzene-based Photochromic Amorphous Molecular Materials Fixed in Agar GelExcellent Poster Award受賞)

       R. Ichikawa and H. NakanoThe 12th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (October 14-19, 2016, 中国・長沙).

21.  (Keynote Lecture) Photomechanical Behaviors Observed for Azobenzene-based Photochromic Amorphous Molecular Materials

       H. NakanoThe 12th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (October 14-19, 2016, 中国・長沙).

20.  (Invited Lecture) Photomechanical Behaviors Observed for Azobenzene-based Photochromic Amorphous Molecular Materials

       H. NakanoHOKUDAI-NCTU International Joint Symposium on Nano, Opto and Bio Sciences (October 4-5, 2016, 札幌).

19.  トリフェニルアミン骨格を有する発光性アモルファス分子材料のベイポフルオロクロミック特性

       ○小椋硬介、中野英之65回高分子討論会 (September 14-16, 2016).

18.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-イオン液体ハイブリッド膜に形成される相分離構造の光変化

       ○岩下知央、中野英之65回高分子討論会 (September 14-16, 2016).

17.  アモルファス分子材料を用いたアップコンバージョン発光の試み

       ○宍戸一樹、中野英之65回高分子討論会 (September 14-16, 2016).

16.  アモルファス分子材料-p-トルエンスルホン酸複合膜の可逆的色彩変化と発光変調

       ○中野英之、永田英介、西村智博、市川涼児、65回高分子討論会 (September 14-16, 2016).

15.  ピレン骨格を含むアモルファス分子材料の創製とメカノフルオロクロミック特性

       ○米田祥二、永田英介、荒 拓哉、中野英之、2016年光化学討論会 (September 6-8, 2016).

14.  トリフェニルアミン骨格を有する発光性アモルファス分子材料のベイポフルオロミック特性

       小椋硬介中野英之2016年光化学討論会 (September 6-8, 2016).

13.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-イミダゾリウム塩ハイブリッド膜に形成される相分離構造の光変化

       岩下知央中野英之2016年光化学討論会 (September 6-8, 2016).

12.  ハイドロゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料の光誘起形状変化

       ○市川亮太、中野英之2016年光化学討論会 (September 6-8, 2016).

11.  1-アルキルカルバモイルピレンの発光特性に与えるアルキル鎖長の効果

       ○荒 拓哉、中野英之2016年光化学討論会 (September 6-8, 2016).

10.  アモルファス分子材料-p-トルエンスルホン酸複合膜の可逆的な色彩変化と発光変調

       ○市川涼児、永田英介、西村智博、中野英之2016年光化学討論会 (September 6-8, 2016).

9.    一置換ピレンのメカノフルオロクロミズム

       中野英之、竹内脩悟、永田英介、荒 拓哉、米田祥二、大曲 駿、中西貴之、長谷川靖哉、2016年光化学討論会 (September 6-8, 2016).

8.    ピレン骨格を含むアモルファス分子材料の創製

       米田祥二 、永田英介、荒拓哉、中野英之、日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会 (July 23, 2016).

7.    トリフェニルアミン骨格を有するアモルファス分子材料の凝集誘起発光

       宍戸一樹、市川亮太、栗田基輝、水口敬、中野英之、日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会 (July 23, 2016).

6.    二つのトリフェニルアミン骨格をもつ新規アモルファス分子材料の発光特性

       小椋硬介、中野英之、日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会 (July 23, 2016).

5.    アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-イオン液体ハイブリッド膜に形成される相分離構造の光変化

       岩下知央、中野英之、日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会 (July 23, 2016).

4.    (共同研究) 混合溶媒中における7,7,8,8-テトラシアノキノジメタン(TCNQ)の発光特性

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会 (July 23, 2016).

3.    Mechanofluorochromism and Aggregation Induced Emission of Diarylaminobenzaldehyde Analogues Aggregation Induced Emission of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]acetophenone

       K. Shishido and H. NakanoThe 33rd International Conference of Photopolymer Science and Technology (June 22-24, 2016, 千葉).

2.    Photomechanical Behaviors Observed for Azobenzene-based Photochromic Amorphous Molecular Materials

       H. Nakano1st International Symposium on Photosynergetics, Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (2014-2018), MEXT, Japan (June 2-4, 2016, 大阪).

1.    一置換ピレンのメカノフルオロクロミズム

       中野英之、竹内脩悟、永田英介、荒 拓哉、米田祥二、大曲 駿、中西貴之、長谷川靖哉、65回高分子学会年次大会 (May 25-27, 2016).

 

平成27年度

<< 原著論文 >>

3.    Mechanofluorochromism of 1-alkanoylaminopyrenes

       E. Nagata, S. Takeuchi, T. Nakanishi, Y. Hasegawa, Y. Mawatari, and H. Nakano, ChemPhysChem, 16 (14), 3038-3043 (2015).

2.    Emission Modulation of Poly(vinyl acetate)–Tetrabutylphosphonium Tetrafluoroborate Hybrid Film Doped with 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]-benzaldehyde

       K. Ogura, Z. Hoshi, E. Nagata, R. Ichikawa, T. Nakanishi, Y. Hasegawa, and H. Nakano, J. Photopolym. Sci. Tech., 28, 601-604 (2015).

1.    (Invited) Phase Separation and Photo-induced Deformation of Domain Structures of Azobenzene-based Photochromic Amorphous Molecular Materials – Poly(vinyl acetate) Hybrid Films

       R. Ichikawa and H. Nakano, Lett. Appl. NanoBioSci., 4 (2), 260-263 (2015).

<< 著書 >>

1.    8.2発光の応用 「8.2.1発光色材」

       中野英之、発光の事典 基礎からイメージングまで(木下修一、太田信廣、永井健治、南不二雄 編集、 朝倉書店)、717-722 (2015).

<< 総説・解説 >>

1.    展望:光で動く有機分子材料

       中野英之、高分子、64 (4), 199-201 (2015).

<< 学会発表 >>

55.  Humidity-sensitive Molecular Hybrid Films

       ○市川涼児、永田英介、西村智博、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

54.  ピレン骨格を含む新規アモルファス分子材料の合成とメカノフルオロクロミズム

       ○米田祥二、永田英介、荒 拓哉、大曲 駿、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

53.  トリフェニルアミン骨格を有するアモルファス分子材料の凝集誘起発光

       ○宍戸一樹、市川亮太、栗田輝基、水口 敬、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

52.  二つのトリフェニルアミン骨格を有する新規アモルファス分子材料の発光特性

       ○小椋硬介、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

51.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-イオン液体ハイブリッド膜に形成される相分離構造の光変化

       ○岩下知央、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

50.  寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料の光変形

       ○市川亮太、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

49.  1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロミック特性

       ○荒 拓哉、永田英介、大曲 駿、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

48.  セルロース紙に担持させた1-アルカノイルアミノピレンの発光色変化

       永田英介、○中野英之日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

47.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニル複合膜の可逆的相分離と光応答

       ○市川涼児、中野英之、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

46.  (共同研究) ルブレンのシュタルク分光と電場誘起蛍光消光

       伊藤隆一、中野英之、飯森俊文、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

45.  (共同研究) 7,7,8,8-テトラシアノキノジメタン(TCNQ)のフォトルミネッセンスと蛍光量子収率

       ○玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文、日本化学会第96春季年会 (March 24-27, 2016).

44.  アゾベンゼン系分子ガラスが示すフォトメカニカル効果

       中野英之、新学術領域研究「高次複合光応答分子システムの開拓と学理の構築」第3回公開シンポジウム(および第3回若手セミナー) (January 22-23, 2016).

43.  1-アセチルアミノピレンの発光色変化(優秀講演賞受賞)

       ○永田英介、竹内脩悟、中西貴之、長谷川靖哉、馬渡康輝、中野英之、高分子学会第50回北海道支部研究発表会 (January 21, 2016).

42.  1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロクロミック挙動

       ○荒 拓哉、永田英介、大曲 駿、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、高分子学会第50回北海道支部研究発表会 (January 21, 2016).

41.  寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミック分子ガラスの光変形

       ○市川亮太、中野英之、高分子学会第50回北海道支部研究発表会 (January 21, 2016).

40.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニル複合膜のミクロ構造の光変化(優秀講演賞受賞)

       ○市川涼児、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

39.  1-アセチルアミノピレンの発光色変化

       ○永田英介、竹内脩悟、中西貴之、長谷川靖哉、馬渡康輝、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

38.  1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロクロミック挙動

       ○荒 拓哉、永田英介、大曲 駿、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

37.  寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミック分子ガラスの光変形(優秀講演賞受賞)

       ○市川亮太、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

36.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-イオン液体ハイブッリド膜に形成される相分離構造の光変化

       ○岩下知央、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

35.  複数のトリフェニルアミン骨格を含む新規発光性アモルファス分子材料の創製

       ○小椋硬介、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

34.  トリフェニルアミン骨格を含むアモルファス分子材料の凝集誘起発光

       ○宍戸一樹、市川亮太、栗田基輝、水口 敬、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

33.  湿度に応答する発光性有機複合膜の創製

       ○西村智博、永田英介、市川涼児、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

32.  ピレン骨格を含む新規発光性アモルファス分子材料の合成とメカノフルオロクロミズム

       ○米田祥二、永田英介、荒 拓哉、大曲 駿、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

31.  (共同研究) 糖類を用いたカーボンドットの合成とフォトルミネッセンス

       ○阿部未奈、中野英之、飯森俊文、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

30.  (共同研究) 高分子中のルブレンの電場変調吸収スペクトルと電場誘起消光

       ○伊藤隆一、中野英之、飯森俊文、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

29.  (共同研究) 7,7,8,8-テトラシアノキノジメタンのフォトルミネッセンスにおける溶媒依存性

       ○玉谷穂菜美、伊藤隆一、菅野眞生、中野英之、飯森俊文、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会 (January 19-20, 2016).

28.  Photoinduced mass transport observed for azobenzene-based photochromic amorphous molecular materials

       H. Nakano, M. Suzuki, R. Ichikawa, R. Matsui, and R. IchikawaPACIFICHEM 2015 (December 15-20, 2015, USA・ハワイ).

27.  Reversible color change of hybrid films composed of azobenzene-based amorphous molecular materials and p-toluene sulfonic acid

       R. Ichikawa, E. Nagata, and H. NakanoPACIFICHEM 2015 (December 15-20, 2015, USA・ハワイ).

26.  Mechanofluorochromic behaviors of 1-Alkanoylaminopyrenes

       E. Nagata, S. Takeuchi, T. Nakanishi, Y. Hasegawa, Y. Mawatari, and H. NakanoPACIFICHEM 2015 (December 15-20, 2015, USA・ハワイ).

25.  (Invited Lecture) Mechanofluorochromism and aggregation induced emission observed for 4-(diarylamino)benzaldehyde analogues

       K. Mizuguchi, K. Okoshi, S, Manabe, M. Kurita, M. Momma, and H. NakanoPACIFICHEM 2015 (December 15-20, 2015, USA・ハワイ).

24.  アゾベンゼン系分子材料が示すフォトメカニカル効果:ハイドロゲル中における光変形(優秀講演賞受賞)

       ○市川亮太、中野英之、34回固体・表面光化学討論会 (December 3-4, 2015).

23.  (Invited Lecture) Mechanofluorochromism and Aggregation Induced Emission Observed for 4-(Diarylamino)benzaldehyde Analogues

       H. NakanoThe 11th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (October 11-16, 2015, 中国・泰皇島).

22.  蛍光色素をドープしたポリ酢酸ビニル-四級塩複合膜の可逆的相分離に伴う発光強度変調

       ○小椋硬介、星 善造、永田英介、市川涼児、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、5CSJ化学フェスタ2015 (October 13-15, 2015).

21.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-イオン液体ハイブリッド膜に形成される相分離構造の光変化

       岩下知央中野英之、5CSJ化学フェスタ2015 (October 13-15, 2015).

20.  寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料のフォトメカニカル挙動

       ○市川亮太、中野英之、5CSJ化学フェスタ2015 (October 13-15, 2015).

19.  1-カルバモイルピレン誘導体が示すメカノフルオロクロミズム

       ○荒 拓哉、永田英介、中野英之、5CSJ化学フェスタ2015 (October 13-15, 2015).

18.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料が示すフォトメカニカル挙動

       中野英之、鈴木もと子、市川涼児、松井 陸、市川亮太、岩下知央、2015年光化学討論会 (September 9-11, 2015).

17.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニル複合膜のミクロ構造の光変化

       市川涼児、中野英之、2015年光化学討論会 (September 9-11, 2015).

16.  セルロース紙に担持させた1-アルカノイルアミノピレン類のメカノフルオロクロミック挙動

       ○永田英介、中野英之、2015年光化学討論会 (September 9-11, 2015).

15.  一置換ピレン誘導体のメカノフルオロクロミズムに与える置換基効果

       ○荒 拓哉、永田英介、中野英之、2015年光化学討論会 (September 9-11, 2015).

14.  寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料の可逆的光変形挙動

       ○市川亮太、中野英之、2015年光化学討論会 (September 9-11, 2015).

13.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-イオン液体ハイブッリド膜に形成される相分離構造の光変化

       岩下知央中野英之、2015年光化学討論会 (September 9-11, 2015).

12.  4-[di(4-tolyl)amino]phenylcarbonyl骨格を有する高分子の発光特性

       ○小椋硬介、吉満隼人、星 善造、中野 環、中野英之、2015年光化学討論会 (September 9-11, 2015).

11.  (Invited Lecture) Photomechanical Effects Observed for Azobenzene-based Molecular Materials

       H. Nakano7th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS7) (September 2-5, 2015, 大阪).

10.  蛍光色素をドープしたポリ酢酸ビニル-四級塩ハイブリッドフィルムの可逆的相分離に伴う発光強度変調

       ○小椋硬介、星 善造、永田英介、市川涼児、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、日本化学会北海道支部2015年夏季研究発表会 (July 18, 2015).

9.    1-カルバモイルピレン誘導体が示すメカノフルオロクロミズム

       ○荒 拓哉、永田英介、中野英之、日本化学会北海道支部2015年夏季研究発表会 (July 18, 2015).

8.    セルロース紙に担持させた1-アセチルアミノピレンのメカノフルオロクロミック挙動

       永田英介、中野英之、日本化学会北海道支部2015年夏季研究発表会 (July 18, 2015).

7.    Emission Modulation of Poly(vinyl acetate)–Tetrabutylphosphonium Tetrafluoroborate Hybrid Film Doped with 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]-benzaldehyde

       K. Ogura, Z. Hoshi, E. Nagata, R. Ichikawa, T. Nakanoshi, Y. Hasegawa, and H. NakanoThe 32nd International Conference of Photopolymer Science and Technology (June 24-26, 2015, 千葉).

6.    光機能を有する高分子-低分子ハイブリッド膜の創製

       ○小椋硬介、市川涼児、 善造、永田英介、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、第64回高分子学会年次大会 (May 27-29, 2015).

5.    1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロクロミック特性

       ○荒拓哉、永田英介、中野英之、第64回高分子学会年次大会 (May 27-29, 2015).

4.    寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料のフォトメカニカル挙動

       ○市川亮太、中野英之、第64回高分子学会年次大会 (May 27-29, 2015).

3.    セルロース紙に担持させた1-アルカノイルアミノピレンのメカノフルオロクロミック特性

       永田英介、中野英之、第64回高分子学会年次大会 (May 27-29, 2015).

2.    アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-p-トルエンスルホン酸複合膜の可逆的色彩変化

       ○市川涼児、永田英介、中野英之、第64回高分子学会年次大会 (May 27-29, 2015).

1.    4-(ジアリールアミノ)ベンズアルデヒド類のメカノフルオロクロミック挙動

       ○中野英之、水口 敬、大越謙児、真鍋悟志、第64回高分子学会年次大会 (May 27-29, 2015).

<< 講演 >>

1.    アゾベンゼン系分子材料が示すフォトメカニカル挙動

       中野英之、第61 UV/EB研究会 (住友クラブ、大阪、November 6, 2015).

 

平成26年度

<< 原著論文 >>

4.    Reversible colour changes of binary films composed of azobenzene-based amorphous molecular materials and p-toluene sulfonic acid in response to exhaled breath

       R. Ichikawa, E. Nagata, and H. Nakano, RSC Adv., 5 (4), 2934-2937 (2015).

3.    On-Off Type Mechanofluorochromism of a Novel Fluorescent Amorphous Molecular Material, N-{4-[Bis(4-methylphenyl)amino]benzylidene}aniline

       S. Manabe, E. Nagata, and H. Nakano, Rapid Commun. Photosci., 3 (2), 38-41 (2014).

2.    ポリ酢酸ビニル-四級塩ハイブリッド膜の可逆的相分離とリライタブル表示への応用

       市川涼児、渡辺大樹、星 善造、中野英之、高分子論文集, 71 (10), 475-478 (2014).

1.    Synthesis and Mechanofluorochromism of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]acetophenone

       K. Okoshi and H. Nakano, J. Photopolym. Sci. Tech., 27 (4), 535-538 (2014).

<< 著書 >>

1.    6.1 医療に用いる光技術 「歯科用光重合レジン」

       中野英之、光化学の事典(光化学協会光化学の事典編集委員会、 朝倉書店)、256-257 (2014).

<< 総説・解説 >>

2.    研究室紹介:室蘭工業大学大学院工学研究科中野英之研究室

       中野英之、フォトポリマー懇話会 ニュースレター、69, 3-5 (2014).

1.    トピックス:アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料が示す光誘起物質移動

       中野英之、光化学、45 (2), 76-79 (2014).

<< 学会発表 >>

30.  蛍光色素をドープしたポリ酢酸ビニル-四級塩複合膜の熱可逆的相分離に伴う発光強度変調

       ○小椋硬介、星 善造、永田英介、市川涼児、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、日本化学会第95春季年会 (March 26-29, 2015).

29.  寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料のフォトメカニカル挙動

       ○市川亮太、中野英之、日本化学会第95春季年会 (March 26-29, 2015).

28.  1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロクロミック挙動

       ○荒 拓哉、永田英介、中野英之、日本化学会第95春季年会 (March 26-29, 2015).

27.  セルロース紙に担持させた1-アセチルアミノピレンのメカノフルオロクロミック挙動

       ○永田英介、中野英之日本化学会第95春季年会 (March 26-29, 2015).

26.  アゾベンゼン誘導体-p-トルエンスルホン酸複合膜の可逆的色彩変化

       ○市川涼児、永田英介、中野英之、日本化学会第95春季年会 (March 26-29, 2015).

25.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニル複合膜の可逆的相分離とドメイン構造の光変形

       ○市川涼児、中野英之、日本化学会第95春季年会 (March 26-29, 2015).

24.  寒天ゲル中におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料の光変形

       ○市川亮太、中野英之、化学系学協会北海道支部2015年冬季研究発表会 (January 27-28, 2015).

23.  セルロースに担持させた1-アルカノイルアミノピレンのメカノフルオロクロミズム

       ○永田英介、竹内脩悟、中野英之、化学系学協会北海道支部2015年冬季研究発表会 (January 27-28, 2015).

22.  1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロクロミック挙動

       ○荒 拓哉、永田英介、中野英之、化学系学協会北海道支部2015年冬季研究発表会 (January 27-28, 2015).

21.  ジアリールアミノベンズアルデヒド類のメカノフルオロクロミック挙動

       中野英之、水口 敬、大越謙児、真鍋悟志、化学系学協会北海道支部2015年冬季研究発表会 (January 27-28, 2015).

20.  蛍光色素をドープしたポリ酢酸ビニル-四級塩複合膜の発光強度変調の機構解明

       ○小椋硬介、星 善造、永田英介、市川涼児、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、高分子学会第49回北海道支部研究発表会 (January 26, 2015).

19.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-p-トルエンスルホン酸複合膜の可逆的色彩変化(優秀講演賞受賞)

       ○市川涼児、中野英之、高分子学会第49回北海道支部研究発表会 (January 26, 2015).

18.  アゾベンゼン系分子材料が示す光誘起物質移動

       中野英之、新学術領域研究「高次複合光応答分子システムの開拓と学理の構築」第2回公開シンポジウム (January 23-24, 2015).

17.  1-アルカノイルアミノピレンのメカノフルオロクロミック挙動

       ○永田英介、竹内脩悟、中西貴之、長谷川靖哉、馬渡康輝、中野英之4CSJ化学フェスタ2014 (October 14-16, 2014).

16.  ポリ酢酸ビニル-四級塩複合膜の可逆的相分離挙動の解明と応用

       ○市川涼児、渡辺大樹、星 善造、中野英之、4CSJ化学フェスタ2014 (October 14-16, 2014).

15.  蛍光色素をドープしたポリ酢酸ビニル-四級塩複合膜の相分離に伴う発光変調

       ○小椋硬介、星 善造、永田英介、市川涼児、中西貴之、長谷川靖哉、中野英之、2014年光化学討論会 (October 11-13, 2014).

14.  さまざまな状況下におけるアゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料の光変形

       中野英之、○松井 陸、○市川亮太、市川涼児、2014年光化学討論会 (October 11-13, 2014).

13.  1-カルバモイルピレン誘導体のメカノフルオロクロミズム

       ○荒 拓哉、永田英介、中野英之、2014年光化学討論会 (October 11-13, 2014).

12.  1-アセチルアミノピレンのメカノフルオロクロミック挙動

       ○永田英介、竹内脩悟、中西貴之、長谷川靖哉、馬渡康輝、中野英之2014年光化学討論会 (October 11-13, 2014).

11.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニル複合膜の可逆的相分離とドメイン構造の光変形

       ○市川涼児、中野英之、2014年光化学討論会 (October 11-13, 2014).

10.  ジアリールアミノベンズアルデヒド類が示すメカノフルオロクロミズム

       ○中野英之、水口 敬、大越謙児、真鍋悟志、2014年光化学討論会 (October 11-13, 2014).

9.    アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニルハイブリッド膜の熱可逆的相分離挙動とドメインの光変形

       ○市川涼児、中野英之、第63回高分子討論会 (September 24-26, 2014).

8.    (Invited Lecture) Photoinduced Mass Transport Observed for Azobenzene-based Photochromic Amorphous Molecular Materials

       H. NakanoEMN Open Access Week 2014 (September 22-25, 2014, 中国・成都).

7.    ポリ酢酸ビニル-四級塩複合膜の可逆的相分離挙動の解明と応用

       ○市川涼児、渡辺大樹、星 善造、中野英之、日本化学会北海道支部2014年夏季研究発表会 (July 12, 2014).

6.    1-アセチルアミノピレンのメカノフルオロクロミズムの機構解明

       ○永田英介、竹内脩悟、中西貴之、長谷川靖哉、馬渡康輝、中野英之、日本化学会北海道支部2014年夏季研究発表会 (July 12, 2014).

5.    Synthesis and Mechanofluorochromism of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]acetophenone

       大越謙児、○中野英之The 31th International Conference of Photopolymer Science and Technology (July 8-11, 2014, 千葉).

4.    (Invited Lecture) Mechanofluorochromism Observed for Emitting Amorphous Molecular Materials

       H. NakanoThe 10th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience (KJFP-2014) (June 20-23, 2014, 韓国・ソウル).

3.    ポリ酢酸ビニルアンモニウム-四級ホスホニウム塩混合膜の可逆的相分離現象を用いる発光変調

       善造、渡辺大樹、市川涼児、中野英之、第63回高分子学会年次大会 (May 28-30, 2014).

2.    4-[Bis(4-methylphenyl)amino]benzylideneanilineの合成と発光特性

       ○真鍋悟志、永田英介、中野英之、第63回高分子学会年次大会 (May 28-30, 2014).

1.    アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニル混合膜の相分離

       ○市川涼児、中野英之、第63回高分子学会年次大会 (May 28-30, 2014).

 

平成25年度

<< 原著論文 >>

3.    Photochromic Reactions of 4-[Bis(9,9-dimethylfluoren-2-yl)amino]azobenzene in Low Molecular-mass Organogels

       M. Kurita, M. Makihara, and H. Nakano, Soft Mater., 12 (1), 42-46 (2014).

2.    Fluorescence Color Change of Aggregation-Induced  Emission of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]benzaldehyde

       M. Kurita, M. Momma, K. Mizuguchi, and H. Nakano, ChemPhysChem, 14 (17), 3898-3901 (2013).

1.    Phase Separation of Mixed Films of Amorphous Molecular Materials with Quaternary Ammonium Salts: 4,4',4"-Tri(phenothiazinyl)triphenylamineTetrabutylammonium Tetrafluoroborate System

       R. Ichikawa and H. Nakano, J. Photopolym. Sci. Tech., 26 (2), 255-256 (2013).

<< 総説・解説 >>

1.    応用理化学系学科応用化学コースの教育・研究最前線―光機能性有機材料の開発とメカニズムの解明

       中野英之、教育研究の最前線(室蘭工業大学ホームページ)、http://www.muroran-it.ac.jp/guidance/publicity/forefront/rikagaku7.html (2013).

<< 学会発表 >>

19.  (特別企画講演)アゾベンゼン系分子ガラスが示す光誘起物質移動

       ○中野英之、日本化学会第94春季年会 (March 27-30, 2014).

18.  1-Acetylaminopyreneのメカノフルオロクロミズム

       永田英介、竹内脩悟、中野英之、日本化学会第94春季年会 (March 27-30, 2014).

17.  ジアリールアミノベンズアルデヒド類の凝集誘起発光

       栗田基輝、門馬美佳、水口 敬、○中野英之、日本化学会第94春季年会 (March 27-30, 2014).

16.  4-[Bis(4-methylphenyl)amino]benzylideneaniline の合成と発光特性

       真鍋悟志、中野英之、化学系学協会北海道支部2014年冬季研究発表会 (January 28-29, 2014).

15.  1-Acetylaminopyreneのメカノフルオロクロミズム

       永田英介、竹内脩悟、中野英之、化学系学協会北海道支部2014年冬季研究発表会 (January 28-29, 2014).

14.  ジアリールアミノベンズアルデヒド類の凝集誘起発光

       栗田基輝、門馬美佳、水口 敬、○中野英之、化学系学協会北海道支部2014年冬季研究発表会 (January 28-29, 2014).

13.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-ポリ酢酸ビニル混合膜の相分離(優秀ポスター賞受賞)

       市川涼児、中野英之、高分子学会第48回北海道支部研究発表会 (January 28, 2014).

12.  ポリ酢酸ビニル-四級ホスホニウム塩混合膜の可逆的相分離と発光変調材料への応用

       善造、渡辺大樹、市川涼児、中野英之、高分子学会第48回北海道支部研究発表会 (January 28, 2014).

11.  1-アルカノイルアミノピレンのメカノフルオロクロミズム

       永田英介、竹内脩悟、中野英之、第40回有機典型元素化学討論会 (December 5-7, 2013).

10.  ジアリールアミノベンズアルデヒド類の発光挙動

       栗田基輝、門馬美佳、水口 敬、○中野英之、第40回有機典型元素化学討論会 (December 5-7, 2013).

9.    Moving Fragments of Azobenzene-based Photochromic Molecular Glasses

       M. Suzuki and H. NakanoThe 7th International Symposium on Photochromism (ISOP 2013) (September 23-26, 2013, Berlin, Germany).

8.    Photoinduced Phase Separation of Mixed Films of Photochromic Amorphous Molecular Materials and Quaternary Salts

       R. Ichikawa and H. NakanoThe 7th International Symposium on Photochromism (ISOP 2013) (September 23-26, 2013, Berlin, Germany).

7.    4-(ジアリールアミノ)ベンズアルデヒドの凝集誘起発光

       栗田基輝、門馬美佳、水口 敬、○中野英之、2013年光化学討論会 (September 11-13, 2013).

6.    アゾベンゼン系分子ガラスの光誘起物質移動のその場観察

       鈴木もと子、市川涼児、松井 陸、○中野英之、2013年光化学討論会 (September 11-13, 2013).

5.    アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-四級塩複合膜の相分離挙動

       ○市川涼児、中野英之、第62回高分子討論会 (September 11-13, 2013).

4.    Phase Separation of Mixed Films of Amorphous Molecular Materials with Quaternary Ammonium Salts

       市川涼児、○中野英之The 30th International Conference of Photopolymer Science and Technology (June 25-28, 2013, 千葉).

3.    四級アンモニウム塩および四級ホスホニウム塩を含むポリ酢酸ビニル膜の可逆的相分離挙動

       渡辺大樹、○市川涼児、中野英之、第62回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2013).

2.    アゾベンゼン系分子ガラスの光誘起物質移動のその場観察

       ○中野英之、鈴木もと子、市川涼児、松井 、第62回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2013).

1.    アモルファス分子材料-四級アンモニウム塩複合膜の相分離を利用したマイクロパターニング

       ○市川涼児、中野英之、第62回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2013).

<< 講演 >>

1.    アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料が示す光誘起物質移動

       中野英之、第332回触媒化学研究センターコロキウム「物質の移動と構造の光制御」 (北海道大学、北海道、November 13, 2013).

 

平成24年度

<< 原著論文 >>

4.    Photomechanical Bending of Azobenzene-based Photochromic Molecular Fibers

       H. Nakano, R. Ichikawa, and R. Matsui, Micromachines, 4 (2), 128-137 (2013).

3.    Photoinduced Phase Separation of a Mixed Film of a Photochromic Amorphous Molecular Material and a Quaternary Ammonium Salt

       R. Ichikawa and H. Nakano, Appl. Phys. Express, 6 (3), 035602 (2013).

2.    Mechanofluorochromism of 4-[bis(9,9-dimethylfluoren-2-yl)amino]benzaldehyde

       K. Mizuguchi and H. Nakano, Dyes Pigm., 96 (1), 76-80 (2013).

1.    Moving Fragments of Photochromic Molecular Glass of 4-[Bis(9,9-dimethylfluoren-2-yl)amino]-4'-cyanoazobenzene

       M. Suzuki and H. Nakano, J. Photopolym. Sci. Tech., 25 (2), 159-160 (2012).

<< 学会発表 >>

18.  (Invited Lecture) Photoinduced Mass Transport Observed for Azobenzene-based Molecular Materials

       H. NakanoInternational Symposium on Organic Optical and Electronic Materials and Devices, 2013 (March 8, 2013, 大阪).

17.  アゾベンゼン誘導体-p-トルエンスルホン酸系のサーモクロミズム

       ○政角ちひろ、栗田基輝、中野英之、化学系学協会北海道支部2013年冬季研究発表会 (January 29-30, 2013).

16.  1-アルカノイルアミノピレン凝集系の発光特性とメカノフルオロクロミズム(優秀ポスター賞受賞)

       ○竹内脩悟、槇原未来、栗田基輝、中野英之、化学系学協会北海道支部2013年冬季研究発表会 (January 29-30, 2013).

15.  光で動く低分子系フォトクロミックガラス

       鈴木もと子、○中野英之、化学系学協会北海道支部2013年冬季研究発表会 (January 29-30, 2013).

14.  四級アンモニウム塩および四級ホスホニウム塩を含むポリ酢酸ビニル膜の可逆的相分離挙動

       ○渡辺大樹、市川涼児、中野英之、高分子学会第47回北海道支部研究発表会 (January 29, 2013).

13.  アモルファス分子材料-四級塩複合膜の相分離を利用したマイクロパターニング

       ○市川涼児、中野英之、高分子学会第47回北海道支部研究発表会 (January 29, 2013).

12.  ガラス形成能を有するジアリールアミノベンズアルデヒドのメカノフルオロクロミズム

       水口 敬、景山 、○中野英之、第39回有機典型元素化学討論会 (December 6-8, 2012).

11.  水中に分散させたジアリールアミノベンズアルデヒド粒子の発光挙動

       ○栗田基輝、水口 敬、中野英之、第39回有機典型元素化学討論会 (December 6-8, 2012).

10.  1-アルカノイルアミノピレン凝集系の発光特性とメカノフルオロクロミズム

       ○竹内脩悟、槇原未来、栗田基輝、中野英之、第39回有機典型元素化学討論会 (December 6-8, 2012).

9.    (Invited Lecture) Photomechanical Effects Observed for Azobenzene-based Molecular Materials

       H. NakanoThe 8th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (October 14-19, 2012, 中国・西安).

8.    Micropatterning Using Binary Films of Amorphous Molecular Materials and Quaternary Ammonium Salts

       R. Ichikawa and H. NakanoThe 8th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (October 14-19, 2012, 中国・西安).

7.    アモルファス分子材料-四級塩混合膜の相分離を用いるマイクロパターニング

       市川涼児、○中野英之、第61回高分子討論会 (September 19-21, 2012).

6.    ガラス形成能を有するアミノベンズアルデヒド誘導体のメカノフルオロクロミズム

       水口 敬、景山 弘、○中野英之、2012年光化学討論会 (September 12-14, 2012).

5.    フォトクロミック分子ガラス表面における光誘起物質流動

       鈴木もと子、○中野英之、2012年光化学討論会 (September 12-14, 2012).

4.    Moving Fragments of Photochromic Molecular Glasses

       鈴木もと子、○中野英之The 29th International Conference of Photopolymer Science and Technology (June 26-29, 2012, 千葉).

3.    さまざまな高分子膜中における4-[bis(4-methylphenyl)amino]benzaldehydeの発光挙動

       ○鈴木雄太、水口 敬、中野英之、第61回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2012).

2.    アモルファス分子材料-四級アンモニウム塩複合膜の相分離挙動

       市川涼児、中野英之、第61回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2012).

1.    アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-量子ドット複合膜を用いる光誘起物質移動

       鈴木もと子、○中野英之、第61回高分子学会年次大会 (May 29-31, 2012).

 

平成23年度

<< 原著論文 >>

4.    Photoinduced mass flow of photochromic molecular materials

       H. Nakano and M. Suzuki, J. Mater. Chem., 22 (9), 3702-3704 (2012).

3.    Mechanochromic luminescence of 4-[bis(4-methylphenyl)amino]benzaldehyde

       K. Mizuguchi, H. Kageyama, and H. Nakano, Mater. Lett., 65 (17-18), 2658-2661 (2011).

2.    Photoinduced Surface Relief Grating Formation Using Mixed Amorphous Films of Molecular Materials: 4-[4'-Stearoyloxybiphenyl-4-yl(biphenyl-4-yl)amino]azobenzene4,4',4"-Tris[3-methylphenyl(phenyl)amino]triphenylamine System

       H. Nakano and M. Yoshitake, J. Photopolym. Sci. Tech., 24 (5), 527-529 (2011).

1.    Photoinduced Surface Relief Grating Formation Using a Mixed Film of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]azobenzene and 4,4',4"-Tris[3-methylphenyl(phenyl)amino]triphenylamine

       H. Nakano, Chem. Lett., 40 (5), 473-475 (2011). Editor's Choice

<< 著書 >>

1.    14. アゾベンゼン系分子材料で観測される光誘起物質移動

       中野英之、フォトクロミズムの新展開と光メカニカル機能材料(入江正浩、関隆広 監修、シーエムシー出版)、319-329 (2011).

<< 学会発表 >>

22.  ジアリールアミノベンズアルデヒドのメカノフルオロクロミズム

       水口 敬、景山 弘、○中野英之、日本化学会第92春季年会 (March 25-28, 2012).

21.  ジアリールアミノベンズアルデヒドのメカノフルオロクロミズム

       ○水口 敬、景山 弘、中野英之、化学系学協会北海道支部2012年冬季研究発表会 (January 31-February 1, 2012).

20.  アゾベンゼン系フォトクロミックアモルファス分子材料-量子ドット複合材料を用いる光誘起物質移動

       ○鈴木もと子、中野英之、化学系学協会北海道支部2012年冬季研究発表会 (January 31-February 1, 2012).

19.  分子性オルガノゲル中における4-[bis(9,9-dimethylfluoren-2-yl)amino]azobenzeneのフォトクロミック挙動

       ○槇原未来、栗田基輝、中野英之、化学系学協会北海道支部2012年冬季研究発表会 (January 31-February 1, 2012).

18.  アゾベンゼン系分子材料を用いる光誘起表面レリーフ回折格子形成

       ○中野英之、高分子学会第46回北海道支部研究発表会(January 31, 2012).

17.  アモルファス分子材料-四級アンモニウム塩複合膜の相分離挙動

       ○市川涼児、中野英之、高分子学会第46回北海道支部研究発表会 (January 31, 2012).

16.  さまざまな高分子膜中における4-[bis(4-methylphenyl)amino]benzaldehydeの発光挙動

       ○鈴木雄太、水口 敬、中野英之、高分子学会第46回北海道支部研究発表会 (January 31, 2012).

15.  二成分混合分子性アモルファス膜を用いる光誘起表面レリーフ回折格子形成

       ○中野英之、吉竹 、第38回有機典型元素化学討論会