宇宙機構造工学研究室は、近未来の宇宙構造物工学の構造概念を提案し実現性を研究するところである。新しい構造概念には、宇宙インフレータブル構造や、時代や用途に応じた効率的な展開構造などの力学に基づいた概念提案、およびその材料の研究が必要である。宇宙インフレータブル構造としては国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟曝露部における宇宙インフレータブル構造長期実証実験(SIMPLE)の実績がある。宇宙構造物には、飛翔体構造、人工衛星構体、人工衛星搭載機器の構造および機構の概念研究が含まれる。太陽発電衛星(SPS)または宇宙太陽光発電システム(SSPS)等の超大型構造物に用いられる展開収納構造および宇宙構築方法には厚板ミウラ折りや宇宙発泡材料を用いたインフレータブル構造も提案している。

二次元格子を利用した表面形状計測に関する研究

二次元格子を利用した表面形状計測に関する研究

Read more

SMA&SMP展開ブーム

SMA&SMP展開ブーム

SMA(形状記憶合金)とSMP(形状記憶ポリマー)を組み合わせるこ  とにより,軽量かつ頑丈な展開ブーム(展開するための部品)の開発  →コンパクトに収納しやすく軽量かつ頑丈な展開ブームの設計を行ない,実験により検証している

Read more

大型宇宙平面構造物の収納方法と構造に関する研究

大型宇宙平面構造物の収納方法と構造に関する研究

Read more

BCON Boomの実用化の研究

BCON Boomの実用化の研究

Read more

発泡硬化剤を適用した宇宙インフレータブル構造の構造硬化に関する研究

発泡硬化剤を適用した宇宙インフレータブル構造の構造硬化に関する研究

Read more

オオワシ機体一般部 構造要素の強度・剛性

オオワシ機体一般部 構造要素の強度・剛性

Read more

オオワシ振動班

オオワシ振動班

Read more

オオワシ脚構造

オオワシ脚構造

Read more

当研究室では、宇宙構造物工学の構造概念を研究しています。新しい構造概念には、宇宙インフレータブル構造や、時代や用途に応じた効率的な展開構造などの概念提案、およびその材料や力学の研究が必要です。宇宙構造物には、飛翔体構造、人工衛星構体、人工衛星搭載機器の構造および機構の概念研究が含まれます。また、超大型宇宙構造物に用いられる展開収納構造およびその構築方法も検討しています。

PROFILE

ページのトップへ戻る